大阪市南部を流れる大和川を中心に身近な自然を紹介 写真をクリックすると大きくなります                                                                                                            ・
2013年2月  YMTカモメクラブ発足!
          晴れ 楽しくワイワイお話しませんかexclamation

YMTカモメクラブは、どなたでも参加頂けるメーリングリストです。
カモメに限らず、どんなことでも話題にしてください。マイフィールドの紹介、好きな鳥の話、珍鳥情報のやり取り...。
鳥だけでなく、植物や昆虫に興味が有る方のご参加も大歓迎! そのほかの趣味の話も有りにしましょう。
毎日たくさんのメールが届くような、活発な会にすることが理想です。
入会ご希望の方は、どの記事でも結構ですから、コメントのメールアドレスの欄にアドレスを入れて送信してください。
詳しくご説明させて頂きますので、入会するかどうかはその後ご判断ください。
アドレスはweb上に公開されませんのでご安心ください。

たくさんの方のご参加を楽しみにお待ちしています!                只今、会員数 25人

2015年03月07日

クロガモとホオジロガモ

IMG_3361.JPG
 クロガモのペア。伊勢湾西岸で見るのは初めてだ。

IMG_3382.JPG
 ホオジロガモのペア。これはいつでもよく見られる。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 23:19| Comment(0) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

ユリカモメと標準レンズ

IMG_3323.JPG

IMG_3333.JPG
 ひとつ前の記事、黄足のセグロを撮った場所には、ユリカモメもたくさんいた。
これがまあ近いこと! 標準レンズで撮ってみた。
もっと体を低くして、ゆっくり時間をかければ、もっと近寄れたと思う。いや、じっとしていたらきっとむこうから寄って来ただろう。
機会があればそんな写真も狙ってみたい。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:53| Comment(0) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

黄足のセグロ

IMG_3289.JPG

IMG_3311.JPG
 伊勢湾岸を南下しながら、カモメ類が群れている所で適当に車を止めてみた。
脚が黄色いセグロカモメだ。少し前は、こういう個体のことを「taimyrensis系」と呼んでいたが、今はtaimyrensisという亜種は存在しないことになってしまった。
それならこいつは何なのか...。キアシセグロカモメではない。黄色い足のキアシセグロカモメは意外と少ない。ああ、ややこし。
ではセグロカモメの個体差かというと、簡単にそうとも言えない。黄色い足のセグロカモメには共通の特徴があったりするのだ。やはり、血の繋がりを感じる。
ここでも4羽が一緒に行動していた。
今の時期、黄色い足のセグロカモメを見る機会が多い。色々欲張らず、カモメだけを観察しに行きたいところだ。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 19:33| Comment(2) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

ニシトウネン...これ?

ヨロネン.JPG
 アボセットの後、ニシトウネンが居るという場所へ移動。
それらしいのは居たが、断定できる識別能力が私には無い。
トウネンと言われればトウネン。ニシトウネンと言われればニシトウネン。
首から頭にかけての雰囲気がニシだと思うのだが...。
トウネンが居るとは聞いていなかったので、これがニシだと思っておこう。まいっか。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング

追記(2/25)
この場所にはトウネンも居たそうだ。
この個体は、ニシトウネン特有の「体全体の寸詰まり感」が無いこと。
また、脚の関節より上の部分がほとんど見えていない(足が短い)こと。
以上二点の特徴から、トウネンである可能性が高い。
特徴を教えてくださったroshiさん、有難うございました。
posted by Booby at 19:18| Comment(2) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

20年ぶり

IMG_3151.JPG
 鈴鹿川にアボセットが来ていると聞いて、どれくらいの日数が過ぎただろう...。
なかなか行けなかったが、先日の日曜にやっと行ってきた。

IMG_3175.JPG
 伸びをした瞬間、水かきがついた足を見ることが出来た。
こいつを見るのは、1995年に今は亡き餡さん(中島昭さん)と千葉まで見に行って以来、私自身20年ぶりだ。
回数では5回目。羽数では延べ15羽目。今までで一番近かった。
YMTのあんぽんさん、お付き合いいただき有難うございました。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 20:50| Comment(0) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

ミユビシギ

ミユビシギ (2).JPG
 この冬はまだ伊勢湾へ行っていない。
カモメ類、カモ類、ミヤコドリ、そしてこのミユビシギ。

IMG_2845.JPG
 波打ち際でチョコチョコ走る姿が可愛い。
また見に行きたくなってきた。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 19:16| Comment(0) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

オオセグロとユリ

オオセグロ幼.JPG
 最後にもう一度安濃川へ。
オオセグロカモメの幼鳥がいた。そろそろカモメの季節。まず先に来てくれるのは、こういうオオセグロの幼鳥だ。

ユリ幼.JPG
 ユリカモメの中にも、肩羽や雨覆にかなり幼羽が残っている個体がいた。(大幅にトリミングしている)
ユリカモメの完全な幼鳥を日本で見ることはほぼ不可能だろう。これだけ幼羽が残っている個体も珍しいと思う。

 伊勢湾西岸巡りは、平凡種だけだったが見たい鳥はほぼ見ることが出来た。
次はカモやカモメの時期にまた行ってみよう。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:35| Comment(0) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

ミヤコドリとセイタカシギ

IMG_9741.JPG
 伊勢湾西岸で、是非とも見ておきたい鳥、ミヤコドリだ。
白、黒、赤の三色がきれいだ。

IMG_9748.JPG

IMG_9760.JPG
 もう一種、セイタカシギ。少し違うがこれも白、黒、赤だ。
この二種類は、昔はかなりの珍鳥だった。最近は年々渡来数が増えているようだ。
伊勢湾西岸でこの二種を見ないことはほぼ無い。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:54| Comment(0) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

ダイシャクとホウロク

IMG_9735.JPG
 敢えて時間を逆に追ってみよう。
大型のシャクシギが二羽舞い降りた。こうして見ると、殆んど違いが分からない。

IMG_9727.JPG
 降りる瞬間を見ると、一羽は腰が白く、

IMG_9729.JPG
 もう一羽は白くない。
ダイシャクシギとホウロクシギだ。

IMG_9712.JPG
 飛び立った直後の写真には両方が写っていた。
前がホウロクシギ、後ろがダイシャクシギ。間に、オオソリハシシギがいる。オオソリハシシギも大型のシギだが、この二種に挟まれると小さく見える。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング


posted by Booby at 22:31| Comment(2) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

安濃川から香良洲海岸へ

 先日の日曜、YMTカモメクラブのメンバー7人で、伊勢湾西岸を数ヶ所巡ってきた。

IMG_9680.JPG
 まずは安濃川。この日は潮が悪かったせいもあるが、鳥が少なくすぐに次の目的地へ移動。
ミサゴが少しサービスしてくれた。

IMG_9683.JPG
 続いて白塚海岸。ここもまた殆んど何も居ない。
また次へ移動しようと思った所に、オオソリハシシギが1羽飛んできてくれた。
成果はこれだけ。

IMG_9688.JPG
 次は香良洲海岸だ。
またまた殆んど鳥が居ない。こりゃ〜前途多難だぞ!
遠くにはカワウの大群が。1000羽以上いるだろうか。

IMG_9685.JPG
 よく見ると、対岸に数人のバードウォッチャーが居る。行ってみよう!
ここでもう一人のメンバー、HSさんと会うことになる。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:42| Comment(4) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

笑えるほどの大ハズレ

 この時期、ほぼ毎年のっている鳥羽−伊良湖航路。今年もミズナギドリの大群を見るため、YMTカモメクラブのメンバーさん2人と昨日乗ってきた。

1.JPG
 このような群れを期待したのに...

2.JPG
 なんと結果はボウズ。ミズナギドリ類が居ないだけでなく、港にいつも当たり前に居るはずのウミネコすら一羽もいない。
確認できた鳥は、往路でツバメが1羽と伊良湖港でカワウが1羽だけ。
復路は三人とも部屋へ入って寝ていた。
鳥を探す気にもならないほどの大ハズレ。
20年近く乗っているこのフェリーで、2度目のパーフェクト負けだった。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:40| Comment(2) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

フラッグ付き!

IMG_2688.JPG
 今回の伊勢湾行きの最後、ハマシギの大群をかんさつした。平凡種でもこれだけ数が多いと見ごたえがある。

IMG_2676.JPG
 そのなかに、フラッグが付いた個体がいた。詳しい方にお聞きしたところ、宮城県で標識されたものではないかとのことだ。
撮影した時に気付いていなかったのが残念だ。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:29| Comment(0) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

ミユビシギ

IMG_2806.JPG
 伊勢湾西岸の砂浜へ行けば、いつもこのかわいいミユビシギがいる。

IMG_2819.JPG
 お尻もまたカワイイ!

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 20:50| Comment(0) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

おじさんと白鳥

 ズグロカモメを探していると、地元のバードウォッチャーらしいおじさんに、
「ハクチョウを見に来たんですか?」
と聞かれた。
え?ハクチョウ? 近くの田んぼに居るらしく、車で先導して下さった。

IMG_0364.JPG

IMG_0362.JPG
 車がすぐ近くを走る所に二羽。これは意外だった。まさかこんな所でコハクチョウに出会えるとは!

060104-3 雲出川.JPG
 この日ズグロカモメはサービスが悪く、遠くでちらちら飛んでいるだけだった。
(これは数年前に撮ったもの)

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:59| Comment(0) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

コクガンとセイタカシギ

IMG_0300.JPG

IMG_0314.JPG
 ミヤコドリの次は、三重県の鳥仲間のついあびさんからの情報で、コクガンをGet。

セイタカ.JPG

セイタカシギ.JPG
 続いてセイタカシギ。
この二種はキャノンのSX50HSで撮った。鳥との距離がそこそこ近ければ、このカメラも結構使えそうだ。
このあと、ズグロカモメを探しに行くと、そこで意外な鳥に出会うことになる。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:23| Comment(0) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

素晴らしい自然とミヤコドリ

IMG_0271.JPG
 昨日はYMTカモメクラブのメンバーお二人と、伊勢湾岸を数ヶ所回ってきた。
まずは定番のミヤコドリだ。手前にハマシギの群れ。その向こうにミヤコドリ。沖にはたくさんのカモたち。
これだけの鳥たちが生きていけるだけの餌がここにはある。伊勢湾の自然の豊かさがよく分かる。

IMG_2769.JPG
 この姿を見たいために、早朝から車を走らせる。
私はここで、期待を裏切られたことは一度もない。本当に素晴らしいところだ。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング

posted by Booby at 21:46| Comment(0) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

ミサゴとカラス

IMG_6590.JPG
 魚をとらえたミサゴを執拗に追うハシボソガラス。ミサゴは全く意に介さない様子だ。
このあと、干潟に下りて悠然と獲物をむさぼった。
きっとカラスは僅かな残骸だけを得たのだろう。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:08| Comment(0) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

カラスの瞬膜

IMG_6923.JPG
 海岸にはカモメ類とともにハシボソガラスもいた。標準レンズで近づいても逃げない。

IMG_6914.JPG
 せっかくなので、アップでも撮っておいた。

IMG_6911.JPG
 ガァー、ガァーと鳴くたびに瞬膜を閉じる。
この顔はあまり気持ちの良いものではないなぁ。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:39| Comment(0) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

貝を落とすセグロカモメ

IMG_6721.JPG
 貝(たぶんアオヤギ)をくわえて飛び立つセグロカモメ。

1363007882XRLi32dveS513ab1363007878.gif
 それを高い所から落として割ろうとしている。カラスでこんな行動は有名だが、カモメ類では初めて知った。見たのももちろん初めてだ。カラスを見て学んだのだろうか。
ただ、ここは砂浜。何度も試していたが、貝殻は割れていないようだった。
ウミネコの若鳥がよくこういう遊びをする。それはひょっとするとこういうことに役立っているのかもしれない。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:37| Comment(2) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

1年目と3年目

IMG_6951.JPG
 シロカモメが飛んで行った方向は白塚海岸だ。いつもたくさんのカモメが下りている。
しかし、残念ながらシロカモメは居なかった。

IMG_6909.JPG
 セグロカモメがたくさんいたので、図鑑写真を撮ってみた。
これは三年目の個体。

IMG_6873.JPG
 そしてこちらが一年目の個体。
二年目もいたが、遠くて撮れなかった。また次の機会に狙ってみよう。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:47| Comment(0) | 伊勢湾西岸の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。