大阪市南部を流れる大和川を中心に身近な自然を紹介 写真をクリックすると大きくなります                                                                                                            ・
2013年2月  YMTカモメクラブ発足!
          晴れ 楽しくワイワイお話しませんかexclamation

YMTカモメクラブは、どなたでも参加頂けるメーリングリストです。
カモメに限らず、どんなことでも話題にしてください。マイフィールドの紹介、好きな鳥の話、珍鳥情報のやり取り...。
鳥だけでなく、植物や昆虫に興味が有る方のご参加も大歓迎! そのほかの趣味の話も有りにしましょう。
毎日たくさんのメールが届くような、活発な会にすることが理想です。
入会ご希望の方は、どの記事でも結構ですから、コメントのメールアドレスの欄にアドレスを入れて送信してください。
詳しくご説明させて頂きますので、入会するかどうかはその後ご判断ください。
アドレスはweb上に公開されませんのでご安心ください。

たくさんの方のご参加を楽しみにお待ちしています!                只今、会員数 25人

2011年10月12日

ビロードハマキ

IMG_3786.JPG
 バンディングの作業をしているベンチに、なんだか奇妙な虫が。甲虫なのか、何かの幼虫なのか、私はさっぱり分からなかった。
これを見た子Boobyは、即「ビロードハマキ!」と言った。
ハマキガというガの仲間だそうだ。そういえばガの顔をしている。
なんでこんなものの名前をを子Boobyは知っているのだろう...。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:17| Comment(4) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

ノスリとツミ?

IMG_3902.JPG
 タカ渡りには少し遅かったようで、サシバはわずか一羽しか飛ばなかった。他は、オオタカ二羽、ノスリ約十羽、それに一羽の小型のタカ。

IMG_3892.JPG
 ノスリをモビングする小さなタカ。たぶんツミだと思うが、遠すぎて分からなかった。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:02| Comment(2) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

バンディングの見学

 今日は、ナウシカ先生のバンディングが有った。子Boobyは、何よりこのバンディングの見学を楽しみにしている。
かかった鳥は、

IMG_3757.JPG
 アオゲラ。

IMG_3839.JPG IMG_3833.JPG
 ヤマガラ。ナウシカ先生の手を執拗につつく。痛そ〜!!

IMG_3915.JPG
 シロハラ。
子Boobyは、いつものようにずっと先生に付いて歩いていたが、私はちょっと体調が悪かったせいもあって、一日中ほとんど座っていた(^^;
その結果、ちょっとだけいい目にも会えた。それはまた小出しにしていこう。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 20:43| Comment(2) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

地球外生物

IMG_1491.JPG ざとう.JPG
 この形は、どう考えても地球上の生物としては不自然すぎる。きっと地球外生物なんだ。こいつは。
ザトウムシ。隕石にでも乗って来てしまったのだろうか。
こいつらが住む星は、きっと地球よりももっと重力が小さいのだろう。地球ではのんびりした動きだが、生まれ故郷の星ではこんなか細い脚でも走り回っているのかもしれない。
きっとそうに違いない! と、Boobyは思うのである。

異論が有る方はぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 18:59| Comment(2) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

ヤマナシ

IMG_2058.JPG
 ヤマナシがたわわに実っていたので、少し取ってきた。
味はなかなか良い。みずみずしくて甘い。ただ、繊維が半端ではない! 飲み込めないほどすごいのだ。
口の中は繊維カスだらけ。吐き出すしかない(^^;

CA390722.jpg CA390724.jpg
 五月初旬、こんなにきれいな花が咲く。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:53| Comment(2) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

超絶滅危惧種!

IMG_1985.JPG
 ナウシカ先生の自然観察会。
日本固有種で、関西の一部に数例しか記録が無いという、超絶滅危惧種の木が見つかったというので、希望者十人ほどで見に行ってきた。

IMG_1988.JPG IMG_1989.JPG
 鳥や昆虫なら大興奮する所だが、木は木。ふ〜ん、と言えばそれで終わりだ。
カツラギグミ。カツラギの名は、和泉葛城山ではなく大和葛城山から取った名前だそうだ。
何の変哲もない木だが、超絶滅危惧種を見ることが出来て良かった...?

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング

追記(8/25)
Nawshica先生からコメントをいただいた。
「関西の一部に数例の記録しか無い」というのはちょっとオーバーだそうだ(^^;
Nawshica先生、有難うございました。
posted by Booby at 22:17| Comment(2) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

蛾とスズメバチ

IMG_2037.JPG
 夜の森は、とにかく蛾が多い。カブトやクワガタを探そうと懐中電灯を照らすと、大きな蛾が飛びまわって近づいて来る。あまり気持ちの良いものではない。

IMG_2038.JPG
 スズメバチもいた。

IMG_2040.JPG
 明るくなると、蛾はまるで嘘のようにどこかへ消えてしまう。ところがこのスズメバチはずっと同じ場所にいた。少なくとも五時間はいただろう。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 20:30| Comment(0) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

コノハズク

IMG_2028.JPG
 ナイトウォッチングへ向かう途中、車のヘッドライトに照らされて何かが飛んだ。
一旦行きすぎたが、20mほど戻ってみると、ちょうど車のすぐ前方の枝にコノハズクが止まっていた。
子Boobyが見る初めてのフクロウ科の鳥だ。
目がオレンジ色なのはおそらくライトのせいだろう。まさかオオコノハズクではないと思う。
EXILEのように上半身を回す動きがたまらなく可愛いかった。
咄嗟に標準レンズで写した一枚。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 18:50| Comment(4) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

甲虫 3

IMG_1957.JPG
 こんな甲虫がいた。どこでしょう。

IMG_1959.JPG
 アップにしても分かりにくい。見事な保護色だ。こんなのは初めて見た。
ゴマフカミキリの仲間だと思うが、何だかわからない。ヒゲナガゴマフカミキリかな?

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 19:42| Comment(0) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

甲虫 2

IMG_1793.JPG
 走るのがとても速いキマワリ。こいつは子Boobyも捕る気にならないようだ。
なんとなく気持ち悪い?

IMG_1888.JPG
 カナブンには色彩変異が多い。これがカナブンの変異なのか、別種のアオカナブンなのか、私には識別できない。

IMG_1952.JPG
 スミナガシを狙っていたら、コクワガタが二匹喧嘩しながら出てきた。

IMG_1790.JPG
 オオヨツスジハナカミキリ。本来は4本の黄褐色の帯があるのだが、その色と太さには変異が多いそうだ。これは全くその帯が無い。黒色型と呼ばれるものだそうだ。これもナウシカ先生に教わった。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:29| Comment(0) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

甲虫 1

 虫捕りと言っても、子Boobyは手当たりしだい捕るわけではない。欲しい虫だけ。欲しい数だけ捕るのだ。その点は、さすが自然保護を重視する子Booby。
え? どうせなら一匹も捕るなって? まあそこはちょっとお許しを頂くこととして...。

IMG_2046.JPG
 捕りたい甲虫と言えば、やはり何と言ってもカブトムシだ。夜中や早朝よりも、日没から夜半前後に活動するような気がする。

IMG_2050.JPG
 ミヤマクワガタ。これもなかなか見ごたえがある。しかし、もう一度言うが決して乱獲するわけではない。

IMG_1837.JPG
 小型のスジクワガタ。コクワガタとの識別が難しい。

このほか、コクワガタと、アカアシクワガタらしいのが一匹いた。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 20:56| Comment(0) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

まずはチョウたち

 この夏は仕事が断片的に入り、旅行の計画が立てられなかった。
その代わりとは言えないが、14日に和泉葛城山で行われたナウシカ先生のバンディングと自然観察会。それと今日未明からの昆虫採集を盆休みの記事にする。

IMG_1767.JPG
 まずはチョウから。
ここでは一番平凡なチョウの一つ、クロヒカゲ。樹液を吸いに来ることが多い。

IMG_1933.JPG
 国蝶、オオムラサキ。かなり翅が痛んでいて、子Boobyもさすがにこれは捕りたいと言わなかった。

メス.JPG
 こちらはそのメス。
今年はオオムラサキが多いようだ。

IMG_1971.JPG
 セセリは難しい。これはコチャバネセセリかな?

IMG_1945.JPG
 樹液によく来るスミナガシが、葉っぱの上に止まった。ちょっと違和感がある。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:59| Comment(0) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

サカハチ夏型

100814 サカハチチョウ 和泉葛城山 (9).JPG
 春のサカハチチョウは比較的よく見るが、夏型はなかなか見ないと思っていた。ところが、地元大阪の和泉葛城山には結構いる。
まだまだチョウに関しては知らないことが多いなぁ。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 20:19| Comment(0) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

超多忙とエメラルドグリーン

 猛暑の中、オソロシク忙しい日々が続いている。

100814 オニヤンマ 和泉葛城山 (13).JPG
 葛城山には、きっと今頃オニヤンマが飛び交っていることだろう。
いつになったら撮影に出かけられるだろう...。先が見えない。
このエメラルドグリーンの目。いつもは何気なく見ているが、今はそれすら見たくてたまらない。
今日は友達からオオムラサキの話を聞いた。  あ゛〜〜〜見に行きたい!

お疲れさん、と思ったらぽちっとお願いします。
      ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:01| Comment(2) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

金の陣笠

090524 セモンジンガサハムシ 和泉葛城山 (1).JPG
 1cmにも満たない小さな虫。セモンジンガサハムシだ。
自然の色とは思えない金色。これは目を引く。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 18:59| Comment(2) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

帰り道のラッキー

IMG_4998.JPG
 帰り道での大ラッキーとは、このアオシギを見れたことだ。
車で走っていると、いつもお世話になっているisohiyoさんから電話。アオシギを観察していたisohiyoさんの横を、私は気付かずに通り過ぎたのだった。
呼びとめてもらったおかげで、珍しい鳥を見ることが出来た。
isohiyoさん、有難うございました!

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 19:04| Comment(2) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

可愛い!

 大ラッキーの前にもう一つ...(そんなに引っ張るほどのものでもないけれど)

IMG_4975.JPG IMG_4958.JPG
 ハギマシコをあきらめ他の鳥を探し始めた時、なにやらパラパラと空から降って来るような音が。大粒の雨音に似ているが、雨は降っていない。
不思議に思い立ち止まっていると、子Boobyが「リスや!」と叫んだ。よく見ると、一本の松の木に三匹もいた。そのリスたちが松ぼっくりをカリカリとかじり、食べかすが落ちる音だった。
寒い時期だからか、食べることに一所懸命で、ゆっくりと写真を撮ることが出来た。可愛かった―!

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:10| Comment(2) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

マシコには違いなし

IMG_4985.JPG IMG_4986.JPG
 先日のオオマシコに続き、今度はハギマシコが出た。
現地についてみると、すでにすごい数のカメラマンが集まっていた。私もその中に混じってハギマシコを待ったが、なかなか出てきてくれず、ついその場を離れてしまった。
すると、その後にハギマシコは出たそうだ。
私はオオマシコも見ることが出来ず、いたのはこの愛想が悪いベニマシコのメスだけ。ついていない一日だった。
まあ、マシコの仲間には違いないし...。

ところが、帰路に大ラッキーが待っていた! それはまた明日の記事で。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング

posted by Booby at 20:36| Comment(0) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

小春日和の山頂

101205 ススキ 和泉葛城山 (8).JPG 101205 オオイヌノフグリ 和泉葛城山 (9).JPG
 和泉葛城山は、ススキも有名だ。十月ごろほどではないが、まだたくさん残っていた。
足元にはオオイヌノフグリが。風もなく穏やかな春のような一日だった。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング

 
posted by Booby at 20:34| Comment(0) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

オオアカゲラ

101205 オオアカゲラ 和泉葛城山 (5).JPG
 目の前の林に、中型の鳥がふわっと飛びこんた。オオアカゲラだ。あまりにも近すぎたので、わずか数秒で飛び立ってしまった。
和泉葛城には比較的多く生息している。三十年近く前、初めてこの鳥を見たのもこの山だった。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 19:00| Comment(2) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。