大阪市南部を流れる大和川を中心に身近な自然を紹介 写真をクリックすると大きくなります                                                                                                            ・
2013年2月  YMTカモメクラブ発足!
          晴れ 楽しくワイワイお話しませんかexclamation

YMTカモメクラブは、どなたでも参加頂けるメーリングリストです。
カモメに限らず、どんなことでも話題にしてください。マイフィールドの紹介、好きな鳥の話、珍鳥情報のやり取り...。
鳥だけでなく、植物や昆虫に興味が有る方のご参加も大歓迎! そのほかの趣味の話も有りにしましょう。
毎日たくさんのメールが届くような、活発な会にすることが理想です。
入会ご希望の方は、どの記事でも結構ですから、コメントのメールアドレスの欄にアドレスを入れて送信してください。
詳しくご説明させて頂きますので、入会するかどうかはその後ご判断ください。
アドレスはweb上に公開されませんのでご安心ください。

たくさんの方のご参加を楽しみにお待ちしています!                只今、会員数 25人

2016年05月23日

カメラの性能

トビ 160515 和田山 (3).JPG
 遠くに何か止まっている。トビだ。(広角端で撮影)

トビ 160515 和田山 (6).JPG
 光学ズーム最大の50倍で撮影。

トビ 160515 和田山 (4).JPG
 そして、デジタルズーム最大の200倍で撮影。
写真の出来栄えは自己満足の世界だから人によって違うが、私は光学ズームの段階なら十分満足できる。
今はこれよりはるかに高性能のカメラが出ている。
はぁ〜... 買い換えたいなぁ。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 19:55| Comment(0) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

中年トンボ捕り隊 2

ネキ.JPG
 捕らなかった(捕れなかった)トンボ、ネキトンボ。

オオヤマ.JPG
 定期的に池を巡回するオオヤマトンボ。
時期がやや早かったのか、アカネの仲間が少なかった。
私は再挑戦したいのだが、みんな付き合ってくれるかな?

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:49| Comment(0) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

中年トンボ捕り隊 1

 40代後半から50代のオジサンおばさん(全員YMTカモメクラブのメンバー)4人で、アカトンボの観察に和田山へ出かけた。

リス♂.JPG
 子供用の虫捕り網を振って、トンボを捕まえる。そして、細部を観察。
これはリスアカネのオスだ。

リス♀.JPG
 こちらはメス。
もちろん、撮影した後はリリース。
網を持って、子供以上に真剣にトンボを追いかける中年グループ。そんな姿を見て、クスクスと笑いながら通り過ぎる人もいた。
お付き合いいただいた三人さん、有難うございました。また行きましょう!

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:21| Comment(2) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

ルリシジミの産卵

ルリシジミ 140608 和田山 (1).JPG
 昨年の和田山。逃げないルリシジミ。

ルリシジミ 140608 和田山 (2).JPG
 産卵しているようだ。
普通、葉の裏などに生むものだと思っていた。こんな生み方をして、花が成長したら卵はどうなるのだろう。落ちないのか心配だ。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:54| Comment(0) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

ノスリの気持ちとヒメアカタテハ

IMG_0826.JPG
 和田山山頂から関空方向を望む。
4つ前の記事「最後のタカ渡り」のノスリたちも、ここよりもっと高い位置からこんな風景を見ながら飛んでいたのかな?
さぞ気持ちがいいことだろう。

IMG_0834.JPG
 地面には、少し西に傾いた日差しを受けて、ヒメアカタテハが止まっていた。

へぇ~と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング

posted by Booby at 21:38| Comment(0) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

初見のトンボ

IMG_0790.JPG
 リスアカネを撮った後、見上げると林の中にも一匹。
ん? 何かちょっと違うような。しかしその場では特に疑うことは無かった。
帰宅して、改めて見てみると、コノシメトンボのようだ。
単に「赤とんぼ」と言っても、色々な種類がある。胴体の模様やしっぽの先なども撮っておかなければ識別できないこともある。
コノシメトンボは初めて見た赤とんぼだった。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:06| Comment(0) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

最後のタカ渡り

ノスリ.JPG
 今年もタカ渡りを見ないままに終わるかと思っていたら、今日ノスリの渡りを見た。
5羽の群れがしばらく頭上で旋回し、高く高く上がって行った。
この他、ツミと思われる小さなタカも1羽。
タカ渡りもそろそろ終わり。ぎりぎり最後に間に合った感じだ。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:35| Comment(0) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

クマバチの顔

クマバチ 140608 和田山 (1).JPG
クマバチはよくホバリングするので、飛翔写真は撮りやすい。

クマバチ.JPG
 正面をピクセル等倍までトリミングして見た。こんなひょうきんな顔なんだなぁ。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:44| Comment(2) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

オオホシカメムシ

IMG_7644.JPG
 こういう模様のカメムシは何種類かいる。
アフリカの原住民が持つ盾を連想してしまうのは私だけだろうか...。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:03| Comment(0) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

ヒメジョオンと小さな甲虫

ヒメカメノコテントウ 140608 和田山 (1).JPG

ヒメカメノコテントウ 140608 和田山 (2).JPG
 ヒメジョオンの花にヒメカメノコテントウが居た。とても小さく、カメラを向けるとすぐに裏へまわりこんでしまった。
花を手で持って撮影。

不明.JPG
 これは何だろう。私が持っている図鑑ではよく分からない。
羽化したばかりで、まだ模様が出ていないだけだろうか。
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、是非ご教示ください。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング

追記(6/17)
3枚目のテントウムシは、上の2枚と同じヒメカメノコテントウの背筋型だそうだ。調べてみると、ヒメカメノコテントウにはいくつかの型が有るようだ。いつか他の型も見てみたい。
教えて下さったのみやさん、有難うございました。
posted by Booby at 20:33| Comment(2) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

コジュケイ

コジュケイ(雛).JPG

コジュケイ(雛)2.JPG
 どこからか、ピヨピヨというひよこのような声が聞こえてきた。
側溝の中で何かが動いている。そっと近付いてみると、コジュケイのヒナだった。
近くに親もいた。可愛いのでつい近寄ってしまったが、親はきっと気が気ではなかっただろう。
こういう時はすぐに離れなければいけない。写真を撮った後で反省...。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:17| Comment(0) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

ヒオドシチョウ

ヒオドシチョウ.gif
 開く 開く ヒオドシ 開く

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:32| Comment(2) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

コムラサキとアカシジミ

てんぐ.JPG
 先週の日曜に続き、昨日もまたYMTカモメクラブのメンバーさんにお付き合いいただき、ゼフィルスを求めて和田山へ行ってきた。
今年はどこへ行ってもこのテングチョウがやたら多い。大阪市内の自宅前でも見られたほどだ。

コムラサキ.JPG
 コナラの木には、コムラサキが居た。これは意外だった。ゼフィルスが居なくても、これが見れたからいいかな?
などと思ってしまったのがいけなかったのか、数時間探しまわってもお目当てのゼフィルスは見つからなかった。

アカシジミ.JPG
 最後の最後、もう一度コナラの木を探してみると、探していたゼフィルスの一つ、アカシジミを一頭だけ見つけることが出来た。
もう一種類、是非とも見たいゼフィルスが居たのだが、またそれは次回の楽しみに取っておこう。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:42| Comment(0) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

晩秋のチョウ

IMG_2511.JPG
 ウラナミシジミ。このチョウを見ると、秋の深まりを感じる。

IMG_2537.JPG
 テングチョウは成虫で越冬するので、この時期でも元気いっぱいだ。
背中を太陽に向けて、体温を上げているようだ。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:30| Comment(0) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

赤と青

IMG_0522.JPG
 真っ赤なトンボ。ショウジョウトンボだ。
どんなアカトンボ(アカネ科)より赤いが、これは分類上アカトンボの仲間ではない。

IMG_0608.JPG
 探していたナニワトンボも青いので、青いトンボを見つけたらドキッとする。
残念。オオシオカラトンボだった。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:07| Comment(0) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

チョウトンボの個体差

チョウトンボ.JPG
 飛んでいるチョウトンボの撮影に成功! まずまずうまく撮れたと思う。バックの色がちょっと気に入らないが。
前翅の先端に少しだけ黒斑がある。

チョウトンボ3.JPG
 この個体は、ほぼ黒斑が無い。

チョウトンボ2.JPG
 逆にこいつは先端がしっかり黒い。
チョウトンボにこんな個体差があるとは知らなかった。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:24| Comment(2) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

萩とシジミ

 今日はYMTカモメクラブの初オフ会。四人で和田山へ行ってきた。

IMG_0519.JPG
 登り口に咲いていたヤマハギ。

IMG_0517.JPG

IMG_0513.JPG

IMG_0506.JPG
 ルリシジミが産卵に訪れていた。
このあと、和田山山頂まで登るが、殆んど何の成果も無く、トンボを求めて近くのため池を巡ることにした。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:29| Comment(4) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

ウラジロ

050720-8 ウラジロ 和田山.JPG
 和田山に大量に有るウラジロ。開く前の葉が可愛い。
(またちょっとネタが枯渇してきたぞ...)

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 19:52| Comment(2) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

みのむし

IMG_7852.JPG

 最近めっきり減ってしまったみのむしを、久しぶりに見た。
ぶら下がっている所をちょんと触ると、きゅっと縮んで真横を向いてしまった。ごめん。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:11| Comment(2) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

テングチョウ

IMG_7837.JPG

 和田山でレンジャーをなさっているSさんによると、テングチョウは土の中(土手の割れ目など)で越冬するそうだ。
越冬後の個体は、二つ前の記事のアカタテハよりも翅が痛んでいる個体が多いのは、そういう越冬場所の違いによるのだろう。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
    ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:02| Comment(0) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする