大阪市南部を流れる大和川を中心に身近な自然を紹介 写真をクリックすると大きくなります                                                                                                            ・
2013年2月  YMTカモメクラブ発足!
          晴れ 楽しくワイワイお話しませんかexclamation

YMTカモメクラブは、どなたでも参加頂けるメーリングリストです。
カモメに限らず、どんなことでも話題にしてください。マイフィールドの紹介、好きな鳥の話、珍鳥情報のやり取り...。
鳥だけでなく、植物や昆虫に興味が有る方のご参加も大歓迎! そのほかの趣味の話も有りにしましょう。
毎日たくさんのメールが届くような、活発な会にすることが理想です。
入会ご希望の方は、どの記事でも結構ですから、コメントのメールアドレスの欄にアドレスを入れて送信してください。
詳しくご説明させて頂きますので、入会するかどうかはその後ご判断ください。
アドレスはweb上に公開されませんのでご安心ください。

たくさんの方のご参加を楽しみにお待ちしています!                只今、会員数 25人

2013年08月28日

薄墨と赤い口

IMG_1191.JPG
 和泉葛城山にはスミナガシがいる。薄墨を流したような模様なのでその名がついた。
生き物の名前の付け方にもいろいろあるが、これはなかなかおしゃれな名前だ。とても日本的だと思う。

IMG_1130.JPG
 普段はしまっている口は、蜜を吸う時だけ伸ばされる。この赤いストローのような口も特徴だ。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:05| Comment(2) | 和泉葛城山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネットで検索すると、墨流し(マーブリング)は美しく幽玄な模様を作り出す工芸手法だということですが、本種の美しさは名前にふさわしいですね。

ネットで検索ついでに、鋼と軟鉄が織り成す文様が美しいダマスカススチールのことを墨流しと呼ぶことを知りました。
Posted by taimyrensis at 2013年08月31日 21:29
taimyrensisさん、
ダマスカススチール、ネットで調べました。きれいな模様が出るのですね。
なるほど、墨流しの名前にふさわしいと思います。
ひとつ覚えました。有難うございます。
Posted by Booby at 2013年09月01日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]