大阪市南部を流れる大和川を中心に身近な自然を紹介 写真をクリックすると大きくなります                                                                                                            ・
2013年2月  YMTカモメクラブ発足!
          晴れ 楽しくワイワイお話しませんかexclamation

YMTカモメクラブは、どなたでも参加頂けるメーリングリストです。
カモメに限らず、どんなことでも話題にしてください。マイフィールドの紹介、好きな鳥の話、珍鳥情報のやり取り...。
鳥だけでなく、植物や昆虫に興味が有る方のご参加も大歓迎! そのほかの趣味の話も有りにしましょう。
毎日たくさんのメールが届くような、活発な会にすることが理想です。
入会ご希望の方は、どの記事でも結構ですから、コメントのメールアドレスの欄にアドレスを入れて送信してください。
詳しくご説明させて頂きますので、入会するかどうかはその後ご判断ください。
アドレスはweb上に公開されませんのでご安心ください。

たくさんの方のご参加を楽しみにお待ちしています!                只今、会員数 25人

2015年06月19日

ハスとトンボ

 ハスのつぼみに止まるトンボの写真を集めようと思っている。

オオシオカラトンボ.JPG
 オオシオカラトンボ。

チョウトンボ.JPG
 チョウトンボ。
今のところ、まだこの2種類しかない。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:59| Comment(0) | 大和川の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

アジサイとクマバチ

アジサイ (1).JPGアジサイ (2).JPG
アジサイ (3).JPGアジサイ (4).JPG
 大和川沿いにある下水処理場で、アジサイの一般公開をしていた。10年ほど前は何度か行ったことがあったのだが、最近はやっていないと思っていた。移転してやっていたとは。
よく見る形のもの。珍しい形のもの。たくさんのアジサイが満開だった。

IMG_4280.JPG
 クマバチが一匹。自然の生き物のブログなので、一応登場してもらっておこう。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 22:15| Comment(0) | その他の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

足場にキジバト!

CA391916.jpg
 建築現場の足場に止まるキジバト(携帯で撮影)。まったく逃げない。

CA391917.jpg
 その下には、なんと巣が作られている! 近くに人がいないと、すぐに抱卵しに来ていた。
しかし、この足場はこれを撮影した日の約2週間後撤去されることになっている。
あぁ、かわいそうだがこの卵が孵ることはない。

CA391918.jpg
 そして数日後。
巣材の枝は3分の1ほどに減っていて、親の姿も近くにない。卵も1つになっている。
どうやら放棄されたようだ。
ひょっとすると、キジバトはヘビや猫などの天敵から卵を守るため、あえて人間がいるところを選んで営巣したのかもしれない。そこまでは賢かったのだが、足場が一時的なものだということを知らなかったのはアホだった。
キジバトよ、これからはもう一歩先まで考えて場所を選ぶように。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 23:00| Comment(0) | その他の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

ルリシジミの産卵

ルリシジミ 140608 和田山 (1).JPG
 昨年の和田山。逃げないルリシジミ。

ルリシジミ 140608 和田山 (2).JPG
 産卵しているようだ。
普通、葉の裏などに生むものだと思っていた。こんな生み方をして、花が成長したら卵はどうなるのだろう。落ちないのか心配だ。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 21:54| Comment(0) | 和田山の鳥と自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

鳥羽−伊良湖航路 2

IMG_4177.JPG
 伊良湖港が近づいてから、ようやくオオミズナギドリの大群がいた。やはりこれぐらいの群れを見ないと、満足感を得られない。

IMG_4190.JPG
 岬の砂浜が見えている。陸地に近いことがお分かりいただけると思う。

IMG_4180.JPG
 矢印の個体は、水面を走っている。ミズナギドリ類は、このように助走してからでないと飛べないのだ。

トビウオ.JPG
 この航路ではトビウオもよく飛ぶ。

IMG_4258.JPG
 最後に、こんなものが。5〜6頭いただろうか。

ハセイルカ.JPG
 顔が見えた。マイルカよりくちばしが長いハセイルカだ。船内にも、このイルカの観察例が掲示されていた。
往路のスナメリに続き、これもついあびさんが見つけてくださった。

オオミズナギはそこそこ多かったが、ハシボソミズナギは復路で遠くに1羽見ただけ。満足には程遠かった。しかしスナメリとハセイルカで、今回は大当たりといってよいだろう。
お付き合いくださったついあびさん、奥さん、あんぽんさん、有難うございました。
ついあびさんの、元気なお孫さんと話が出来て楽しかったです。

へぇ〜と思ったらぽちっとお願いします。
     ↓
人気ブログランキング
posted by Booby at 23:05| Comment(0) | その他の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする